トップページ > 純アルカリ天然水について > 料理が美味しくなるから家庭円満

料理が美味しくなるから家庭円満

簡単な例で言えば、出汁に使う「昆布」。
水の分子構造が小さいということは、「昆布」に浸透し旨みを凝縮して抽出することができることになりますから、「今日の料理は出汁がきいてるね」ってことになるわけです。

さらに「金城の華」でお米を炊くと「浸透性」が高いため、お米の芯まで浸透し、ふっくら炊きあがり、 お米の旨味(甘み)効果が発揮されます。古米でも新米のように、ふっくら美味しく炊きあげることもできます。

実際に純アルカリ天然水「アルカリ人」を使って作ってみよう

さらに、ミネラルバランス抜群の水である。純アルカリ天然水「アルカリ人」は、日本の風土に 根ざした、硬度「40~42」のまろやかな軟水。

ナトリウム、カリウムなどミネラル類も程よく含まれており、体内で作ることができないミネラルは、体外から摂取する以外の方法はありませんが、純アルカリ天然水「アルカリ人」は健康面からみても、特定の成分が多すぎたり少なすぎたりしない非常に均衡のとれた含有量で、ミネラルの過剰摂取を気にせずお飲みいただけます。

料理以外にも、お茶に、そしてお酒類の割り水にもおすすめです。以前、某大手TV情報番組のミネラルウォーター特集で、裏千家茶道の会主に「ミネラルウォーターで日本茶をいれたとき、数あるミネラルウォーターの中からどの商品が最適であるかを実験していただいた結果、純アルカリ天然水「アルカリ人」が味・香り・色ともに最も最適であるとの評価を頂きました。

日本でも有名な市販されているヨーロッパの水は、ほとんどが硬水(硬度:300以上)であり、日本の水は軟水(硬度:100以下)が多く、硬水は日本人の口には合わないとされています。

ページのトップヘ

  • 老化防止のエイジングケア
  • 加熱処理しなくても大丈夫!?
  • アルカリ性だから身体に良い?
  • 料理が美味しくなるから家庭円満 
  • 美味しいから飲み続けられる
  • ご愛飲いただいている著名人

お申込はこちら

  • サーバーのこだわり
  • ボトルのこだわり
  • お水のこだわり
  • 申し込みから配送までの流れ
  • なんでも分かる「水」のこと
  • 美味しい水は料理も美味しく

ビジネス パートナー募集

ウォーターサーバーのお申し込み