トップページ > 純アルカリ天然水について > ご愛飲いただいている著名人

ご愛飲いただいている著名人

女優山咲千里(やまざきせんり)氏

『波動の高いお水はお肌を強化』

告白すると、最初の何カ月かは何も塗らないお肌の休憩日に乾燥がとても気になりました。
私の肌は、かなり乾燥肌に傾いていたのでしょう。
そのため、最初のうちは洗顔の後にミネラルウォーターで顔をリンスしていました。
塩素などがないミネラルウォーターは、文字通りのミネラル成分を肌に浸透させてくれ、しっとりとしたお肌になります(髪をリンスする時も、水道水よりミネラルウォーターを使うとより髪が柔らかくなります)。
お水は「からだにうるおうアルカリ天然水」(2リットル入りボトル)を。
コンビニではセブン‐イレブンしか買えない貴重なお水ですが、気軽に近所へ買い物に行けるのが嬉しい。この「からだにうるおうアルカリ天然水」で洗顔あとののリンスに使う以外に、飲んだり、料理にも使うことにしています。このお水は、こってりした食事などで酸性に傾いた身体を調整するのに良く、お肌の免疫力もアップします

藤田紘一郎(ふじたこういちろう)氏

『からだに良い水とは…』

私たち日本人は、殺菌消毒して安全な水にさえしてしまえば飲料水に困ることはないという考えから平気で水源を汚染することになり、水道水の中に殺菌剤である塩素が先進国に中で最も多く含まれる国になってしまいました。
ヨーロッパをはじめ世界の多くの人達は、殺菌や加熱による処理が、水の活性を失う事を知っていました。したがって、ヨーロッパでは殺菌が必要な水源はミネラルウォーターの水源と認めていません。
また、最近問題になっているのが、水道水や井戸水に含まれていることが多くなった「硝酸態窒素」です。この硝酸態窒素を含む水を煮沸して飲んだり、この水でミルクを溶かしたりすると硝酸態窒素が赤血球のヘモグロビンをメトヘモグロビンに変えてしまいます。
メトヘモグロビンは酸素を運ぶことが出来ないので、これを乳児メトヘモグロビン血症、別名「ブルーベビー病」と呼びます。この病気は乳児の突然死の原因にもなります。
また、硝酸態窒素はブルーベビー病の原因になるばかりでなく、発がん性物質にもなるのです。水道水を煮沸することによって塩素やトリハロメタンは取り除けても、硝酸類は凝縮してしまうのです。

煮沸することのデメリットはもうひとつあります。
水を煮沸させ発生した水蒸気を冷脚すると凝縮されて再び水になりますが、これは、有機物や無機物を取り除いた「蒸留水」つまり「純水」です。
この沸かして溶存酸素がまったく無くなった「純水」を水槽に入れると、活発に泳いでいた淡水魚がたちまち死んでしまいます。
そのうえ沸かすことにより、人体に必要なミネラルも少なくなってしまうのです。
ミネラルは私たちの体になくてはならない栄養素です。
しかし、残念ながら人の体はミネラルは生成できません。
ミネラルがバランス良く含まれた天然の生の水を上手活用することが大切です

飲食店経営・コンサルタント 髙木桐映(たかぎきりえ)氏

『紅茶を淹れたらとても素晴らしい!』

「硬度が50度以下のミネラルウォーターをいくつか用意し、味がよく分かるよう常温で比較テイスティングしてみました。まず驚いたのは、このお水には臭みがまったくありません。
そのうえ、軟水独特の清涼感を感じ、のど越しも良く、とてもバランスの良いお水です。
僕は軟水と聞くとすぐお茶を入れたくなるのですが、紅茶を淹れたらとても素晴らしい
特にダージリンは最高でした。
味だけでなく、色の優しい紅茶は美しく鮮やかに色が出て、他のミネラルウォーターと比べても特筆ものです。」

医学博士・作曲家 福田六花(ふくだりっか)氏

『カラダの隅々にまでバランスの良いミネラルと共に健康を運んでくれます。』

「人間のカラダの約60%は水分です。
どんな精密機械もかなわない優秀な機能を持った人体は、一定の状態を保つために日々新陳代謝を繰り返し、一日に2000~3000mlの水分を必要とします。
それだけに普段の生活の中で摂取する水の性質はとても大切です。健康に生活していく為には、カラダの中の酸とアルカリの絶妙なバランスがとれていることが重要だからです。
  忙しくストレスの多い21世紀の日本人。動物性タンパク質やファストフードなどの酸性食品を多く食べていると、カラダの中のバランスが徐々に崩れてしまい、疲れ易く病気にかかりやすいカラダになってしまいます。
体内バランスを保つために手軽にとれるアルカリ成分、これがアルカリ天然水です
毎日のことなので美味しくなければ続きません。
まろやかな飲み口のアルカリ天然水は、そのまま飲んでも、お茶やコーヒーを淹れても、料理に使っても、カラダの隅々にまでバランスの良いミネラルと共に健康を運んでくれます。

大阪大学医学部皮膚科学名誉教授

『体調は至極良好です!』

アルカリ天然水を飲んでいます。 
私が始めて市販の飲料水を利用したのは、若い頃米国テキサス州北西部の小さな町の大学へ、研究のため1ヶ月間出張した時です。その地方は近くに川や湖がなく、コロラド川(グランドキャニオン)の伏流水を地下から汲み上げて水道水を供給しているとのことでした。飲むとうっすらと塩味がし、コップの水滴が乾いたあとには白い斑点が見られたくらいですから、相当塩分を含んだ硬水であったと思います。
そこで市民は巨大なガラス瓶に入った飲料水を購入して自宅やオフィスに備え毎日使用していたのです。井戸からきれいな水がいくらでも汲み上げられる京都の加茂川近くで生まれ育ち、水はタダだと思っていた私にとって、良い水の有り難さを知った初めての体験でした。ヨーロッパでは飲料水は買うものと聞いていましたが、将にそのことを実感しました。
時は移り、日本でも飲料水を購入する人が多くなりました。
上水道事情が少しづつ厳しくなってくるのに反して、美味しい水を求める気持ちとが強くなってきたことによるのでしょう。

私は3年前から金城町のアルカリ天然水を飲用しています。
この水は島根県西部の中国山地山麓の地下300mから採取される水で、中国山脈に降った雨や雪が年月を掛けて地中深く滲み込み、その過程で磨かれ適度にミネラルを溶かし込んだものでしょう。
pH 8.2の弱アルカリ性、硬度40の軟水で、美味しい水と言われる条件を満たしてしています。私は大阪北部の山腹にある団地に住んでいますので、今でも水道水は大阪市内より美味しいと思っていました。
しかしこの水を水道水と飲み比べてみますと薬品臭がなく柔らかな口当たりは全然違います。
水とは無味無臭、さしたる特徴もない最も単純でありふれた存在と思われがちですが、成分以外にも波動性、クラスターなど科学的にまだまだ分からないところの多い不思議な物質だそうです。よく言われる茶の湯や酒造りと良い水との関係などは水にもそれぞれ特徴、個性があることをよく示しています。
私は金城のアルカリ天然水を飲用の他、コーヒーやご飯にも利用し、美味しく頂いています。
非加熱の水ですので、大地から水に付与された未だ科学的には解明されていない大地の不思議な要素も同時に飲んでいるのだと、精神的満足感も楽しんでいます
「お陰様で」と単純に断定するわけには行きませんが、体調は至極良好です。

水とはH2O分子が寄り集まった最も単純な物質と思われがちですが、その性質は実は大変複雑です。
水はH2O分子が均等に分散しているようですが、そうではなく多数の分子が集合体(クラスター)を形成・結合しています。ですから水の中で実際に水の分子が占める空間は4割弱で、6割強は空間となっているのです。クラスターが小さいほど水は吸収されやすく活性に富むと言われています。
還元水とは活性水素を多く含有する水で、活性酸素を中和して酸化や腐敗を防ぐ作用があると言われています。井戸水や湧き水の多くは還元水です。このような基本的性質に加えて、水には多くの物質が溶け込んでいます。

これら多くの要因が相互に複雑に関係し合って地域毎に異なる水のデリケートな特徴を作っいるのです。従って「天然水」と言う場合には採水地をできるだけ詳しく表示する必要があるわけです。
世界の長寿村の飲み水を調べたところ雪解け水、弱アルカリ性、カルシウムとカリウムを多く含む点が共通していたそうです。
「金城の華」は中国山脈山麓の島根県浜田市金城地区で地下300mから採取された天然水です。
弱アルカリ性でクラスターが小さく、おいしい水の条件である硬度40の軟水です。
還元水としての条件も備えていると思われます。デリケートな性質なこの水を飲用すれば消化管、肝臓、心臓、肺、血管などで様々な代謝の影響を受けます

ページのトップヘ

  • 老化防止のエイジングケア
  • 加熱処理しなくても大丈夫!?
  • アルカリ性だから身体に良い?
  • 料理が美味しくなるから家庭円満 
  • 美味しいから飲み続けられる
  • ご愛飲いただいている著名人

お申込はこちら

  • サーバーのこだわり
  • ボトルのこだわり
  • お水のこだわり
  • 申し込みから配送までの流れ
  • なんでも分かる「水」のこと
  • 美味しい水は料理も美味しく

ビジネス パートナー募集

ウォーターサーバーのお申し込み